コロナウィルスへの対策

ホーム  »  コロナウィルスへの対策

感染防止対策

 新型コロナウィルス感染症の感染拡大以前から、ウィルス感染対策(肝炎、エイズ等)やエアロゾル対策など、患者様同士、あるいは私たちから患者様への感染予防対策を行っておりますことにより、現在のところ、我が国では歯科治療を通じて歯科医師やスタッフから患者様への感染事例報告はございません。
 滋賀の歯科医院内で起こった感染拡大も、スタッフ間(スタッフルームでの会話を伴う食事)で起こったと考えられており、患者様への感染拡大は全くなかったことを関係当局より確認しております。
 今後も、更なる感染防止対策を徹底してまいります。

当医院での取り組み

口に触れる物、全ての物が滅菌消毒されています
手に触れる物、全ての物が殺菌消毒されています
エアロゾル拡散予防のために強力口腔外バキュームを使用
空気清浄機、窓を開放し常時換気をしています

スタッフ 毎朝の検温、常時シールド、マスク、手袋を着けています


玄関と受付に手用アルコールを備えています
雑誌、おもちゃ、キッズルーム 等は現在使えません。

ご協力、ご理解のお願い

お断りしておりました定期検診とメンテナンス治療は5/18から順次再開しております。
さらなる予約延期希望の方には、各々に適したアドバイスを記したプリントをお送りさせて頂いております。お申し出下さい。


院内では以下の3点に御協力をお願いします。
・診療中以外はマスクの着用
・医院の到着時と診療後に手洗い
・当日の体温測定と体調のアンケート

不明な点はお問い合わせください。

口腔清掃と感染予防

 歯周病菌が作る毒素などにより
口粘膜に触れたウィルスが入りやすくなる
全身の免疫力が下がることが分かっています。
 口を、隅々まで綺麗にして保つことで
全身の感染予防につながります。

・痛みはストレスに、食事が摂りづらいと体力・免疫力が低下
・必要な治療の先延ばしは、歯の寿命を縮める
・内科の持病が、歯周病の進行により悪化する可能性が高くなる
・口腔内細菌により、呼吸器の疾患が起こりやすくなる
ページの先頭へ