精度の高い治療

ホーム  »  医院紹介  »  精度の高い治療

マイクロスコープ

お口の中の物を約20倍まで
拡大して見ることができる
医療用顕微鏡です。

それにより精密な治療が
可能となりました。

ダイアグノデント

レーザー光により、歯質の状態を検知。

着色か初期のむし歯かを判別したり
健全な組織の向こう側で隠れた

虫歯の早期発見につながります。

デジタルCT撮影

今までのレントゲンは2次元(影絵)
のため、判別できなかった

歯や骨の中の問題が、
3次元になることで、精密に、
(直視するかのように)

分かるようになりました。

しかも、デジタル化により
被ばく量も、わずかになりました。

ルーペ

口の中の物を6倍に拡大して見ることができる。
ヘッドライトにより、視野に影ができない。
腕を伸ばした位置にピントが合う設定なので
診察中に医師と患者の間隔がとられる。

その結果、正確、明瞭、感染予防を守る
診療をすることができます。

レーザー

正常な組織へのダメージを最小限にして、問題部分の除去や消毒ができます

口腔内スキャナー

従来のペースト式のものに比較して、異物感がとても少なく、さらに精密な歯型採りができます

アイテロ

噛み合わせの場所や当たり強さ、治療後の歯並びのシュミレーションを確認することができます
ページの先頭へ